Essay of ata-xyz web

何かを伝えたい!
日常の中で、感じた瞬間を文章で綴っていきたいと思います。

「書く」ことは、生きることである

文章を綴るということ

情報が湯水の如く湧き出し、情報の洪水の中で、得てして情報に触れただけで「分かった」気になり、「考える」ことをやめてしまうことが多くなったと感じる。情報を鵜呑みにせず、もう一歩踏み込んで考えてみる、自分の考えをまとめてみる。
「書く」ことは、インプット型からアウトプット型に思考を切り替え、自分の感じたことをカタチに、情報を本当の意味での知識に変えられると思う。
「書く」ことが、自分自身を見つめ、夢、目標を実現させるツールになりうると信じる。

カタチにする思い

たった1人の人間が経験できること、伝えられることは少ない。
しかし、自分の経験したこと、学んだこと、考えたことをカタチにすることで、誰かに何かが伝わるはず。
いつでも引き出しが多い人間でありたいと思う。

akkoの思いをカタチにしていきます。

リスト

dummy_040.jpg

「一年の計は元旦にあり」

ゆく年を振り返り、くる年がどんな年になるのか、クイズをしています。

政治、経済、社会、国際の視点で、今後の動向、予定されているイベントをチェックしながら、あれこれ考えることは楽しい行為です。