Travel to Europe -19 September, 2009

2009年は、我が家にとってヨーロッパ元年。
ベルギーに夫が赴任したのをきっかけに、可能な限りヨーロッパを楽しむ予定!

今日の1枚 jp50_d.gif

10月19日(土)

@成田空港

_MG_3065.JPG

行ってきます!

いよいよパリに向け出発。どんな旅になるんでしょうか?

旅メモ

夫と再会、そしてベルサイユへ

パリへ

直前まで用意をしていて、寝不足のままNEXに乗り空港へ。
成田から約12時間の旅の始まり。

R0010664.JPG朝食はスタバ! R0010666.JPGこれを見ると旅行気分が盛り上がる♪

今日からシルバーウィーク(このネーミングはどうなんだろう?)で、飛行機は満席。
5月から予約していたおかげで、席は通路側。これで、食後に体調が悪くなっても大丈夫。

R0010684.JPG乾燥は大敵! R0010696.JPGPlease help yourself !


R0010692.JPGMoleskine® *City Notebookで作った「Myガイドブック」飛行機の中で、「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」を鑑賞し、到着前にヨーロッパ気分をも高まり、「Myガイドブック」を眺めて、これから始まる旅の楽しみに思いを馳せる。


夫と再会

というわけで、ほとんど眠らないまま、パリへ到着。
ゲートを出ると、まるで白い洞窟のような空間が目の前に出現し、アップダウンする動く歩道を進むと、そこが税関。

DSC02175.JPGLanding R0010701.JPG水族館?

愛想の悪い、「なんだ、日本人かよ」という態度の税関職員に一言も声を掛けられることなく税関をパスすると、今度は透明チューブに囲まれたエスカレーターが登場。
そこを抜けると、Baggage Claim。
荷物を受け取り無事出口(Sortie)へ。
ここはフランス、ほとんど英語の表記がなく、いきなり戸惑う。

出迎えに来てくれた夫と合流し、いよいよ旅の始まり。
気温は27℃でちょっと高め、そして外は快晴。
気持ちがいい空が出迎えてくれました♪

カルフールへ

まずは、シャルル・ドゴール空港から約10分程のところにあるカルフールへ。
wine fairをやってる聞いたらしく、美味しいワインと夕食を調達。

R0010708.JPG本家カルフールでお買いものベルギーのカルフールに比べると店舗も大きく、ラインナップも豊富らしい。
パンの種類(フランスの同僚によるとやっぱりフランスのパンは一番美味しいらしい)も、お惣菜も豊富に揃ってて(ガレットとか、リゾットとかも美味しそうだった!)、いろいろ目移り。
店舗が広くて、どこに何があるか分からず、結構時間が掛かり、フランス入国後1時間半後に、本日の目的地ベルサイユへ向う。


ベルサイユへ

_MG_3067.JPGバリの夕焼けパリ市街地がかなり渋滞。
車に搭載されているカーナビが、しばしば「Bear right.」って言うのが気になる。

「Bear?」
聞き間違いかと思ったら、進行方向右に取れって意味らしい。
右に回れと言えば「Turn right」って表現しか習わないけど、T字路以外のY字路で右に行く時には、「Bear rihgt」。
高速道路の分岐点が現れて、その度に「Bear right!」「Bear left!」指示されました。
ただ、高速を降りる時は「Except right!」でした。



ちなみに、ヨーロッパのカーナビは、日本でも主流になってきたポータブルタイプ。
停車した際には、一式ダッシュボードに仕舞います。
パリも路駐が激しいらしいけど、ベルサイユ宮殿の周辺も路駐の車で路肩はほとんど覆い尽くされてました。
路駐が当たり前だからこそ、一層防犯対策が必要なのかも。

で、本日の宿泊は、ベルサイユ宮殿すぐそばにある「pullman versailles hotel」。
さすが観光地なので、路上にホテルの標識があるものの、認識しやすい看板があるわけではなく、見つけるのに時間が掛かり、ベルサイユの周りをグルグルしてようやく到着。

想像以上にベルサイユ宮殿に近く、こじんまりとしているけど、内装は近代風で、ロビーがとても明るくて綺麗。そして、部屋も意外に広くて、異様に背が高いダブルベットに、可愛い花柄のベッドスプレッド。
とても気に入りました、このホテル。

booking.comがちゃんと機能しているのも分かって良かった!
ネットでの予約価格は140ユーロ。
ヨーロッパのホテルは、日本と違って部屋でのチャージなので、2人で泊まるととってもリーズナブル♪

今夜は、調達したBRUTのスパークリングワインで乾杯して、11時(日本は朝6時!)に就寝。

今日の思い出

* クリックすると拡大します。

泊まる!

Pullman Versailles Château

住所

2, Bis Avenue De Paris Versailles, 78000v

インフォメーション

電話 : (+33)1/39074646
FAX : (+33)1/39074647
メール : h1300-sl@accor.com
ホームページ : http://www.sofitel.com/gb/hotel-1300-pullman-versailles-chateau/index.shtml

アクセス

ベルサイユ宮殿のすぐそば


より大きな地図で Hotel Pullman Versailles Château を表示
_MG_3081.JPGヨーロッパらしい外観

'09 Autumn 

fr50_d.gifbe50_d.gifde50_d.gif

フランス→ベルギー→ドイツの旅に行ってきました!

トップページ
1日目:ベルサイユ泊
2日目:モン・サン・ミシェル泊
3日目:パリ泊
4日目:パリ泊
5日目:ブリュッセル泊
6日目:ブリュッセル泊
7日目:コブレンツ泊
8日目:機中泊