2008年4月18日(金) 退院

明日への一歩 - 入院

<食道がん>と宣告されました。

DSC00143.JPG
精密検査、転院を経て、現在<がん>治療のため入院中です。
<がん>と宣告されて、病気への不安もさることながら、今後自分がどんな状況に置かれるのかが不安を感じました。

治療方針を決断し入院したものの、今度は入院生活の不安を感じます。
そんな時も、専門書以外にインターネット上で公開されている同じ病気の方の闘病記が大変参考になりました。

私も、文章を書くことで、自分の置かれた状況を客観的に観察し、冷静に闘病していこうと思います。


2008年4月18日(金) 退院


本日、いよいよ退院。
入院の日と同じく、退院の今日も大雨。雨女じゃなかったはずだけど。
車で迎えに来てくれる、夫の到着時間が心配されたものの、8時半には到着。夫の仕事の都合で9時半には退院する必要があり、手続きを早めにお願いしていた。

退院前、いつものように次々と担当医師達が顔を出してくれた。
スパルタで無駄口はきかない主治医、術後管理を担当してくれて、パソコンや音楽プレーヤー、携帯電話の話にも花が咲いた医師など、残念ながらゆっくりお話する時間はなかったけど、感謝の気持ちでいっぱいだ。

そして、多くの看護師の皆さん。
本当に皆さん親切で、特に背中に痛みが引いた時はみんなで喜んでくれた。個室で、患者のサロン(?)にも行かなかった私には、家族以外の話相手は看護師の皆さんだった。

昨日胸水を抜いたので急遽レントゲン検査を行って、検査も終了。
入院前3週間は長いと思っていたけど、終わってみればあっという間だった。



医師、看護師など全ての医療関係者に全面的にサポートをしてもらい、無事手術を終え、退院することができた。

治療は終わった。今、これからが、本当の意味での<がん>との闘いではないかと感じている。
自分の体力が元に戻るか、これがまず始めのスタート。自分らしくいるための、自分との闘い。
あせらず、しかし自分をしっかり持ち、社会復帰を目指して頑張っていきたいと思う。


メモ
今日の体重: 45.1kg
今日の体温: 36.7℃

入院時47.1kgだった体重は、食事を取れるようになった辺りから減り始め、結局-2kgとなった。手術前から医師には指摘されていたし、食事が半分ぐらいしか取れないので、仕方がないだろうと思う。これからは、自己責任で食生活をコントロールしていかなければならない。